1. HOME
  2. WordPress
  3. WordPress 条件分岐:テンプレートのカスタマイズ

WordPress 条件分岐:テンプレートのカスタマイズ

2015年9月22日
wordpress-logo-stacked-rgb

WordPressではPHPの if文を使用して条件分岐が可能です。
記載箇所は「外観」→「テーマの編集」にある各種テンプレートとなります。
但し記載箇所や動作はテンプレートによって多少異なりますので実際の動作をご確認ください。

例えばトップページではサイドバーAを使用、投稿ページではサイドバーBを使用、カテゴリーページではサイドバーCを使用、それ以外ではサイドバーDを使用 のように表示を変えることが可能です。

条件分岐の基本

条件Aの時のみ

条件Aの場合
条件Bの場合
条件A・B以外

トップページ

トップページに表示
トップページを固定ページにしている場合

投稿ページ

投稿ページに表示
※固定ページは含まれない。
投稿ページ ID 55 に表示
※投稿ページのIDの確認は管理画面「投稿」→「投稿一覧」から記事タイトルをクリックしてURLのpost=○○の数字箇所を確認
※IDの代わりに投稿名でも可能
投稿ページ ID 55 と ID 100 に表示
トップページに表示
投稿ページに表示
トップページ・投稿ページ以外に表示
トップページに表示
カテゴリーWordPressに属した投稿ページとそのカテゴリーページに表示
カテゴリーcssに属した投稿ページとそのカテゴリーページに表示
上記以外に表示
※カテゴリーは管理画面「投稿」→「カテゴリー」の「スラッグ」を確認 ※ in_category を使用( is_category とは動作が異なります。)
※ in_categoryはパラメータ必須
※ single.php,sidebar.phpなど記載するテンプレートにより表示が異なります。

カテゴリーページ

カテゴリーページページに表示
wordpressカテゴリーページに表示
※カテゴリーは管理画面「投稿」→「カテゴリー」の「スラッグ」を確認
※スラッグの代わりにカテゴリーIDでも可能
トップページに表示
wordpressカテゴリーページに表示
cssカテゴリーページに表示
上記以外の表示
トップページに表示
wordpressとwebカテゴリーページに表示
cssカテゴリーページに表示
上記以外の表示

固定ページ

固定ページに表示
固定ページ ID 100 に表示
※固定ページのIDの確認は管理画面「固定ページ」を開いて一覧からタイトルをクリックしてURLのpost=○○の数字箇所を確認
※ ID の代わりに投稿名でも可能
トップページに表示
固定ページ ID 100 と 150 に表示
固定ページ ID 200 に表示
上記以外に表示

複数条件がある場合は組み合わせて使用します。

条件分岐タグの種類

メインページ
is_home()

フロントページ
is_front_page()

投稿ページ
is_single()

カテゴリーページ
is_category()

固定ページ
is_page()

タグページ
is_tag()

日付別ページ
is_date()

アーカイブページ
is_archive()

検索結果ページ
is_search()

作成者ページ
is_author()

404 Not Found ページ
is_404()

条件分岐 応用編


実際にはここまで振り分けすることはないと思いますが、どのテンプレートが表示されているか確認する時は便利です。条件分岐を使用することによりカスタマイズの幅も広がりますのでご活用ください。

またさらに詳しい内容は以下のページにてご確認ください。
条件分岐タグ – WordPress Codex 日本語版

LINEで送る
Pocket

コメントを残す





PAGE
TOP