1. HOME
  2. WordPress

Easy Table of Contents プラグインで WordPressに目次を自動表示

投稿日:2018年7月29日/更新日:2018年7月29日

Easy Table of Contents

プラグイン「Easy Table of Contents」を使用するとWordPressに目次を自動で設置する事ができます。

インストールと有効化

まずはプラグインをインストール
WP管理画面にログインして「プラグイン」から「新規追加」→ 検索窓に
Easy Table of Contents
と入力してインストールと有効化を行います。 Easy Table of Contents

Easy Table of Contents の設定

Easy Table of Contents の設定方法
「プラグイン」→「Easy Table of Contents」の設定をクリック

もしくは「設定」の「目次」をクリック

設定画面

設定画面を開くと以下の表示となります。

サポートを有効化

ここにチェックを入れるとその項目の記事ごとに Easy Table of Contents の設定が可能となり投稿画面の下に Easy Table of Contents 設定画面が表示されます。全記事統一の場合はチェックを外しておきます。

自動挿入

自動的に Easy Table of Contents を表示したい項目にチェックを入れます。自動のほうが便利ですので「投稿」にチェックを推奨します。 チェックを外してもショートコードで表示は可能です。その場合、記事ごとにショートコードを入れる必要があります。
目次を表示するショートコード

自動挿入にしていても上記ショートコードで表示位置を変更する事が可能です。

位置

目次を記事のどの箇所に表示するかを選択します。

  • 最初の見出しの前 (デフォルト)
  • 最初の見出しの後
  • 上部
  • 下部

プルダウンメニューで上記から選択可能です。「最初の見出しの前 (デフォルト)」の場合、記事部分の最初の見出し(h2など)の上に目次が入ります。特に指定がなければ「最初の見出しの前 (デフォルト)」を推奨します。

表示条件

記事内に何個見出しがあれば表示するかを決定します。見出しの件数にもよりますが 2~3件ほどを推奨します。

見出しラベルを表示

チェックを入れると 目次の上に見出しテキスト(タイトル)を表示します。

見出しラベル

目次の見出し部分です。「目次」など自由に変更が可能です。※「見出しラベルを表示」にチェックが入っている事で表示されます。

その他設定はサイトに合わせてカスタマイズします。一度設定してからPC/スマホで表示確認を行い、再設定を行います。必要に応じてcssをstyle.cssなどに追記します。

目次があると投稿の全体も把握しやすくなり、必要な個所にすぐ移動できますので非常に便利になりました。

Leave a Reply





PAGE
TOP