1. HOME
  2. WordPress

WordPressで記事の公開日や更新日の表示方法

投稿日:2018年8月10日/更新日:2018年8月10日

WordPressで公開日を表示

「the_time」を使用
公開日はWordPress管理画面の投稿の右上「公開」にて確認できます。
表示例を参考にテンプレートの投稿のループ内等に記述を行う事により表示します。

表示例)
2018年8月5日
表示例)
2018年08月05日
※月と日が1桁の場合「0」が付きます。
表示例)
2018-8-5
表示例)
2018/8/5
表示例)
2018年8月5日(日)
表示例)
2018年8月5日 日曜日
表示例)
2018年8月5日(日) @ 9:38 am
表示例)
2018年8月5日(日) @ 20:33
※時刻は24時間表示
表示例)
2018年8月5日(日)21:38

WordPress管理画面の公開日時の日付を変更して更新することにより日時を変更する事も可能です。

WordPressで最終更新日を表示

WordPressでは記事公開日以外に最終更新日を表示する事が可能です。最終更新日とは管理画面の投稿で「更新」をクリックした日時となります。

コードは公開日が「the_time」に対し、最終更新日は「the_modified_date」となります。

表示例)
2018年8月10日 表示例)
2018年8月10日(金)

その他、公開日を参考に「the_time」を「the_modified_date」に置き換える事により更新日の日時や曜日・時間などの表示が可能です。

WordPressで公開日と最終更新日の両方を表示

「the_time」を「the_modified_date」を組み合わせて公開日と最終更新日の両方を表示する事が可能です。
表示例では公開日は投稿日、最終更新日は更新日としています。

表示例)
投稿日:2018年8月5日/更新日:2018年8月10日
表示例)
投稿日:2018年8月5日
更新日:2018年8月10日

「the_time」を「the_modified_date」と日時表示の組み合わせで自由に表示可能ですので是非、カスタマイズにご利用ください。

Leave a Reply





PAGE
TOP